CHECK

美術品はいくらで買取してもらえる?高値で売るコツなど売却時のお役立ち情報を紹介!

こちらのサイトは、相続などでお宝でもある骨董品を引き継いだときに売却して現金化するためのお役立ち情報を紹介していきます。
美術品は骨董価値が高い品物の一つでもあり、いくらで買取して貰えるのか気になる人も多いのではないでしょうか。
また、相場は保存状態などにより異なることなど幅広く解説していますので、参考にしてください。

美術品はいくらで買取してもらえる?高値で売るコツなど売却時のお役立ち情報を紹介!

絵画や版画などのアートは美術品であると同時に骨董としての価値を有している作品も少なくありません。
基本的に骨董的な価値は古い年代に描かれた絵画などのアート作品になるわけですが、年代だけでなく美術品そのものの保存状態や絵を描いた作者などによっても価値が変わるといわれています。
少しでも高値で売りたいとなったときには、買取専門店を選ぶことや幾つかのお店に対して買取査定を依頼して価格の比較を行うことをおすすめします。

不要になった美術品は捨てずに買取に出すのがおすすめ

美術品を趣味でコレクションをしていたり、親や友人などから譲り受けたがこれから買取に出そうと考えている方もいるかと思われます。
不要になったのであれば、価値が高くなっているうちに売却するべきです。
今後は逆に下がることも考えられるので、価値が高騰している今が売り時です。
特に有名な作家や保存状態がいいものは高く査定してもらえます。
美術品の買取業者も様々なところがあるので、よく比較した上で決めることが重要です。
どこも大体な同じに見えるかもしれませんが、比較してみるとスタッフの質や査定金額、サポート体制など異なる部分が少なくありません。
少しでも高く売却するために、クオリティの高い業者に依頼するべきです。
1社だけだと適正な金額なのかが分からないので、複数の業者に依頼することが望ましいです。

美術品を買取に出すメリットとは?

自宅に古い美術品が眠っており、処分方法に困っているという方は非常に多く、不用品として処分する前に美術専門の買取専門業者に査定を依頼することで、正しい価値で買取をしてもらうことができるといわれています。
では買取業者に依頼するメリットの1つが、絵画や彫刻作品、陶芸品といった種類に応じたプロの鑑定士が在籍しているため、専門的な知識を持って適切に査定を行ってもらえるチャンスです。
美術品を取り扱っているリサイクルショップなども増えていますが、査定を行うのがプロではないことも多くきちんと評価されるまえに安く買取されてしまう可能性があるので、作家の知名度やつくられた年代、希少性やコンディションなど様々な要素を複合的に鑑定してもらえる鑑定士のいる業者に依頼することがポイントです。
またお店に持ち込むことで、その場で現金化することもできるためすぐに現金を用意しなければいけない時にもスムーズに現金を受け取ることができます。

買取してもらいやすい美術品の種類とは?

自宅に古い美術品がたくさんある場合や、遺品整理で美術品が出てきた場合処分方法に困ってしまうケースは多いようです。
そこでゴミとして処分するよりも、美術品の価値をきちんと把握した上で適切に査定を行ってくれる買取業者に依頼をする場合が増えていますが、実際にどのような品が買取してもらえるのか知らない方は少なくありません。
一般的に買取してもらいやすいものといえば、絵画や花瓶、ガラス製品や海外の美術品などが挙げられます。
絵画は日本画や西洋画、現代アートに大きく分けられ、中古市場でも特に人気が高いとされるのが有名作家の作品であり、コレクターに有名な作品になると商品によっては数百万円以上の値が付くことも多いです。
存命している作家の作品の場合は活動歴が長いほど高値になる傾向にあります。
花瓶やガラス製品は、エミール・ガレやドーム兄弟の作品が需要が高いですが、割れやカケ、ヒビが入っていると査定金額が下がってしまうので管理には十分に気を付けなければいけません。

人気作家の美術品は高値の買取額になる可能性が高い

本やゲームや家電、ファッションアイテム、スポーツ用品、金券など、量産された商品でレア感や希少価値が無いものは、チェーン展開している大手のリサイクルショップやオークションサイトや下取りやフリマアプリなどで売っても問題ありませんが、美術品は評価が難しく価格が大きく変動するので美術品買取専門店で売るのが良い選択です。
アーティストの人気度や保存状態の良さや制作された年代や大きさや色やデザインなど、様々な要素によって買取価格は違ってきますが、人気アーティストの美術品は高値で売れる傾向にあります。
直筆サインや鑑定書や領収書や納品書など本物であることを証明するものがあれば評価が上がりますし、箱や袋などの付属品を一緒に持ち込んだだけでも買取価格は大きく跳ね上がりますので、購入時に付いてきたものは捨てずに全て保管しておくというのが鉄則です。
投資目的で取引される時価が存在する作品もありますので、売るタイミングを見計らうことも大事です。

美術品に関する情報サイト
美術品売却時のお役立ち情報

こちらのサイトは、相続などでお宝でもある骨董品を引き継いだときに売却して現金化するためのお役立ち情報を紹介していきます。美術品は骨董価値が高い品物の一つでもあり、いくらで買取して貰えるのか気になる人も多いのではないでしょうか。また、相場は保存状態などにより異なることなど幅広く解説していますので、参考にしてください。

Search